メモ

派遣社員に向いている人とは

男性

2000年以降から急増した「派遣社員」。仕事の豊富さや登録の手軽さ、企業全体の良いイメージなどが広まり派遣に対するネガティブなイメージは一掃されました。派遣社員は人材派遣会社と契約を結ぶことで派遣社員となれるのです。つまり派遣社員の雇用主は働いている職場ではなく、契約を結んだ人材派遣会社となるわけです。勤務の期間は数ヶ月から3年、勤務時間や日数は契約時の取り決め次第となります。
では派遣社員に向いている人はどのような人でしょうか。まずはプライベートを充実させたい人です。契約社員は取り決められた時間の中でしか仕事をしないため残業がありません。ですから決まった時間に子供を迎えに行かないといけない人、習い事、資格習得のためのスクールに通っている人にとって残業がないのは魅力的です。次に期間を決めて働きたい人です。無期雇用である正社員があらかじめ退職期間を決めておくことは不可能ですが、派遣なら可能です。
結婚や転居、出産などにより仕事を辞めたい時期がはっきりと決まっている人は派遣社員に向いています。最後は専門的なスキルを高めたい人です。正社員として入社したものの、希望するスキルを発揮できる部署に配属されなかったという話は珍しいことではありません。しかし派遣ならこのようなことはありません。よってこれらの3つが派遣社員に向いている人と言えるでしょう。